ドライバーの種類

車を運転することが好きな人にとっては、ドライバーの仕事は魅力的です。しかし、ドライバーの仕事にはいくつかの種類があるので、自分にとってどの仕事が良いのか迷ってしまうかもしれません。ドライバーの仕事は荷物を載せて運搬するものと人を乗せて走るものに分類されます。ここからは、ドライバーの種類と内容について解説していきます。

タクシードライバーとは?

タクシードライバーとは簡単に言ってしまえば、乗車したお客様を指定された目的地に運ぶ車を運転しているドライバーのことを指します。お客様はアプリやタクシー会社で予約していることがあり、そのような場合は…

Continue reading

トラックドライバーとは?

トラックドライバーとは、配送や宅配、引っ越し作業などを行う仕事です。小型、中型、大型の3種類のトラックがあり、そのトラックのサイズによって業務内容が異なるという特徴を持っています。その中でも長距離…

Continue reading

バスドライバーとは?

そもそもバスドライバーって、どんな仕事なのかという疑問を持っている人もいるでしょう。バスドライバーにも様々な種類がありますが、どの働き方にも共通しているのが人を運ぶ仕事であるという点です。乗車して…

Continue reading

必要な運転免許

ドライバーの仕事は運転する車の大きさや、荷物を運ぶか乗客を乗せるかによって異なります。ドライバーの仕事に就くうえで必要な運転免許も車の大きさによって異なり、乗客を乗せる場合はさらに種類が異なる免許が必要です。ここからは、ドライバーに必要な運転免許を紹介していきます。

タクシードライバーに必要な運転免許

タクシードライバーとして働く場合、普通免許を持っていて車さえ運転出来れば良いという訳ではありません。乗客を運ぶ事を目的として車を運転するなら、「第二種運転免許」の取得も必要です。ちなみに免許取得の…

Continue reading

トラックドライバーに必要な運転免許

運送会社などでトラックドライバーとして勤務する場合に必要となる免許は、仕事上で使用するトラックの種類によって異なります。例えば、総重量が8トン未満で最大積載量が5トン未満のいわゆる4トントラックを…

Continue reading

バスドライバーに必要な運転免許

バスを運転するには大型二種免許が必須

バス会社にドライバーとして勤務する場合、大型自動車第二種免許を持っていることは必須要件です。日本の運転免許には第一種と第二種の区分があり、単に該当する車両を運転できるようにするのであれば第一種を取得するだけで十分ですが、タクシーやバスなどのように、お客さんから料金を受け取った上で所定の場所まで運転する場合は第二種免許を持っていなければなりません。第二種免許を持たずに旅客の運送をしてしまうと、道路交通法違反として処罰の対象となってしまいます。 何も運転免許を所有していない状態から大型二種免許の取得を目指す場合は、先に普通自動車第一種免許を取得し、運転経験が通算で3年になった段階で大型二種免許の取得に取り組むのが最短ルートです。自動車教習所には2度行くことになりますが、2度目に行く場合は申し込もうとしている教習所が大型二種免許に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

バス会社によっては必要な免許が未取得でも入社できる場合がある

近年はバスドライバーの求人に応募するにあたって、応募資格に第一種運転免許を取得してから一定期間が経過していることだけを必須とし、大型二種免許の取得を特に求めていない会社が少なくありません。このような方針をとっている理由は、入社後に研修の一環でバス会社が提携している指定自動車教習所で大型二種免許をとるための勉強をする機会が設けられるからです。教習所で免許をとるには多額の費用がかかりますが、バス会社の制度を利用すれば費用の一部を、会社によっては費用全額を負担してくれます。負担してもらった費用は後で返済が必要ですが、バス会社の中には所定の期間乗務員として勤務を続ければ返済義務を免除する規定を設けている所があります。